Piscessixman(ピスケスシックスマン)です。

今回は最近観た映画(DVD)をご紹介しようシリーズの第12弾。

Jack Reacher(アウトロー)

Jack Reacher1

Jack Reacher(アウトロー)は2012年のアメリカ映画。

この映画はイギリスの推理小説家のリー・チャイルドが書いている、ジャック・リーチャーシリーズ9作目、2005年の小説「アウトロー」原題One Shot を基に製作された作品です。

監督はクリストファー・マッカリー、主演はトム・クルーズ。

クリストファー・マッカリー監督は脚本家として有名です。

有名ところでいうと、The Usual Suspects(ユージュアル・サスペクツ)、Valkyrie(ワルキューレ)、The Tourist(ツーリスト)、Mission: Impossible – Ghost Protocol(ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル)、Jack the Giant Slayer(ジャックと天空の巨人)などです。

ジャック・リーチャーシリーズは読んだことがないですが、原作を読んでみたいと思うくらいストーリーが面白かったです。

主演はトム・クルーズ。ジャック・リーチャーという元米軍憲兵隊捜査官の役でしたが、こういうタイプも似合います。ただ、流れ者のような役よりはスパイのほうが好きです。笑

Jack Reacher3

トムクルーズは本当にカッコいいですね。

では少しストーリーに触れます。

オープニングの感じがとても良いです。1台の車が駐車場へ向かいます。そこで、落ち着いた素振りでライフル銃を構え、川の対岸から5人の人を撃って殺してしまいます。その事件から始まります。

Jack Reacher4

犯人はすぐに捕まってしまいます。そして、その犯人は取り調べで、「ジャック・リーチャー」の名前のみを紙に残します。ジャック・リーチャーはそのニュースを見て、自ら現れます。

また、犯人の弁護士である、ヘレン・ロディン(ロザムンド・パイク)がその犯人を必死で守ろうとします。

Jack Reacher5

ジャック・リーチャーはすぐに他の誰かに仕組まれた罠ということに気付いて捜査を進めていきます。
ここからストーリーが面白く展開していきます。

続きは是非DVDでご覧ください。

Jack Reacher - Official Trailer #2 (HD)


アウトロー [Blu-ray]
トム・クルーズ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2013-11-08


トム・クルーズが演じた、ジャック・リーチャーですが、世界で最も危険な流れ者という設定なのと、軍人時代に殺しを教えられたということでとにかく強いです。殴り合うシーンは確かに少し特殊な闘い方をしますが。見どころあります。

Jack Reacher2

そして、ヘレン・ロディン役を演じたロザムンド・パイクですが、とてもセクシーでした。胸が大きいので、気になってしまいます。笑

Jack Reacher6

ヘレン・ロディンは知的なのに、どことなくエロいところがとても魅力に感じました。そして、白いベンツに乗っているのがとても似合っていました。

ジャック・リーチャーはシリーズものなので、是非続きを製作して欲しいです。

では。