Movie Fan Blog

映画、英語、写真、旅行そして風水が好き。英語力を向上させて世界中の方とコミュニケーションを取りたい。そんなPiscessixmanが映画、海外ドラマそれから映画に出てくるアイテム等の情報をMovie Fan Blogにまとめてます。 since2013

2013年11月

映画で使用された時計 ROLEX ロレックス

Piscessixman(ピスケスシックスマン)です。

今回は映画で使用された時計シリーズ、第2弾!!
劇中に使用されている時計、「ROLEX ロレックス」についてです。


有名なところからお話すると、007シリーズですね。
ジェームズ・ボンドの腕時計がロレックスです。

初代ジェームス・ボンド役 :ショーン・コネリーはサブマリーナ
3代目ジェームス・ボンド役:ロジャー・ムーアもサブマリーナ
5代目ジェームス・ボンド役:ピアース・ブロスナンからOMEGA(オメガ)のシーマスター
6代目ジェームズ・ボンド役:ダニエル・クレイグはOMEGA(オメガ)のシーマスター・プロフェッショナル プラネットオーシャン

どれも素敵な腕時計です。
おかげでサブマリーナもシーマスターもスパイの腕時計というイメージが強くなりました。笑

映画で使用された時計、ロレックスについてですが、今回紹介する腕時計はこの映画に登場します。

まずはこの作品、24 TWENTY FOUR

この海外ドラマは本当に興奮しましたね!最高にワクワクする作品です。
劇中、ジャック・バウアーがシーズン1でROLEX(ロレックス)のサブマリーナをしています。

05program_img

本当にカッコいいですね。ジャック・バウアーの声も大好きです。笑


次に、ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

この映画も最高です。大好きな映画の1つです。
劇中にて、ジェレミー・レナーがROLEX(ロレックス)のサブマリーナしています。

jrw201112105
 
カッコよすぎです。 ジェレミー・レナーはスーツが似合いますね。


最後はこれ、Knight and Day(ナイト&デイ) 

この映画はハリウッドの2大スター、トム・クルーズとキャメロン・ディアス共演の作品。
トム・クルーズも良かったですが、キャメロン・ディアスがとにかく、キュート&セクシーでした。笑

Cameron-Diaz's-Submariner

d3ec25519ef4faaa5818831f2648f494

この映画のキャメロンは本当に魅力的でした。

今回はROLEX ロレックスの中でもサブマリーナ縛りでした。他にもロレックスが
登場する映画はたくさんありますが、また紹介していきます。

映画の中のロレックスを観たい!という方はこちらからどうぞ。


24 TWENTY FOUR、ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルは↑ここから観れます。確認してみてください。

映画の劇中に登場する腕時計はいつも気になりますし、観ていてすぐにわかると嬉しいですね。笑


映画 Jobs (スティーブ・ジョブズ)

Piscessixman(ピスケスシックスマン)です。

今回も最近観た映画をご紹介しようシリーズの第3弾。

「スティーブ・ジョブズ」

saved_quote_image_307705

この映画は2013年8月にアメリカで公開されたアメリカ映画でジャンルは伝記・ドラマ。
日本では2013年11月1日から公開されています。

ストーリーはスティーブ・ジョブズの1971年から2011年までを描いたもので、監督はジョシュア・マイケル・スターン。出演はスティーブ・ジョブズ役のアシュトン・カッチャー。アップルの共同設立者、スティーブ・ウォズニアック役はジョシュ・ギャッドなどです。

出来れば公開初日に観たかったのですが、1週間遅れでようやく観れました。

私的には期待を遥かに超越した作品でした。映画で鳥肌が立ったのは久しぶりです。

オープニングから一気に映画に引き込まれました。ジョブズがどのように起業したのか、Appleの製品がどのように生まれたのか、それからどのように進化していったのかが知れるので、観ながら興奮します。笑

映画で流れる曲もとても良いです。様々なシーンでマッチしています。


私はiPhoneが大好きでiPhone3GからずっとiPhoneを使ってきました。

↓これは過去の経緯です。笑

iPhone3G 8GB
iPhone3GS 16GB
iPhone4 32GB
iPhone4S 64GB
iPhone5S 64GB

iPhone3Gを使い始めた当初からApple Inc.やスティーブ・ジョブズに興味がありました。ただ、興味はあったものの、深くは知りませんでした。

その後、Apple Inc.やスティーブ・ジョブズを深く知ろうと思ったキッカケは2011年8月にサンフランシスコに行き、実際にApple Inc.を訪れてからです。

私がApple Inc.に行った日の夜にアメリカのTVでジョブズのニュースを現地で観た時は本当に興奮しました。

Apple Inc.やスティーブ・ジョブズを既に知ってからこの映画を観たわけですが、ジョブズの様々な感情や人間性、ジョブズを取り巻く人間関係などわかり易く知れる作品で映画を通して知ったこともありました。

いっても映画なので、脚色されているとは思いますが。笑
ジョブズが生きている時に制作して本人に観て欲しかったです。

また、ジョブズのプレゼンやスピーチは有名なものばかりですが、映画の中でも最高でシビれました。

あのプレゼンやスピーチを真似たいものですね。

_SX362_CR19,141,335,300_


映画の予告編をどうぞご覧ください。

映画『スティーブ・ジョブズ』予告編



Apple製品は好きですが、この映画を観ると更に愛着が湧きます。
Appleの企業努力が「かたち」になって世の中にリリースされているのを感じれます。

これはおすすめの1本です。

映画 Percy Jackson Sea of Monsters (パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海)

Piscessixman(ピスケスシックスマン)です。

今回も最近観た映画をご紹介しようシリーズの第2弾。

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海」

T0014744p

この映画は2013年8月にアメリカで公開されたアメリカ映画でジャンルはファンタジー。
日本では2013年11月1日から3D、2Dで公開されています。

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々はアメリカのファンタジー作家、リック・ライアダンが書いた小説が原作になっている映画です。

前作のパーシー・ジャクソンとオリンポスの神々は2010年に公開されており、魔の海は続編というわけです。

まずは予告編をどうぞ

映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」予告編:吹替え版 CP



原作の小説はニューヨーク・タイムズ紙の児童書部門においてあのハリー・ポッターシリーズを抜き、1位を記録したとのことです。凄いですね。

原作、パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々の本編を見ると5つありました。

「盗まれた雷撃」The Lightning Thief (2005年6月)
「魔海の冒険」The Sea of Monsters (2006年5月)
「タイタンの呪い」The Titan's Curse (2007年5月)
「迷宮の戦い」The Battle of the Labyrinth (2008年5月)
「最後の神」The Last Olympian (2009年5月)

今回は「魔海の冒険」The Sea of Monsters (2006年5月)が該当します。

ストーリーに少し触れます。
ギリシャ神話には12の神がいますが、主人公のパーシー・ジャクソンはポセイドンの神と人間のハーフで、ハーフゴットとして特殊な能力を持っています。パーシー以外に、アテナの娘やアレスの娘、そしてゼウスの娘などたくさんのハーフゴット達が登場します。特殊能力を持つハーフゴット達が力を合わせて冒険するという物語です。

パーシーを支えるアテナの娘アナベス・チェイスを演じているアレクサンドラ・ダダリオという女優ですが、とても綺麗です。顔、スタイル共にパーフェクトですね。
海外ドラマシリーズ、ホワイトカラーのエピソード7にも出演しているようです。

t02200293_0360048012427134201

 今後もパーシー・ジャクソンとオリンポスの神々シリーズとして続編が作られそうで非常に楽しみです。

映画 Now You See Me (グランド・イリュージョン)

Piscessixman(ピスケスシックスマン)です。

今回は最近観た映画をご紹介しようと思います。

今日は「グランド・イリュージョン」

『グランド・イリュージョン』ポスター

この映画は2013年のアメリカ映画で監督はルイ・レテリエ。「トランスポーター」「タイタンの戦い」なども監督しています。

日本では2013年10月25日から上映している為、最近までTVCMなどで良く目にしたと思います。

『グランド・イリュージョン』予告編


この作品を観た後でこのCMを見ていますが、良く出来ていますね。基本的に映画の予告編は本当に良く出来ています。

あの短時間で興味を惹かせる為のカットを繋げるわけですが、本当に関心します。笑

既に鑑賞した方が多いかもしれませんが少しストーリーにふれます。

各ジャンルの手品師(マジシャン)の4名がとあるキッカケで同じ場所に集まります。その後、彼らはフォーホースメンというチームを結成してイリュージョンのショーをして活躍していきます。

そしてCMでもあるようにラスベガスからパリの銀行を襲うというイリュージョンをし、FBIとインターポールから追われることになります。

ただイリュージョンなので、証拠やトリックが見破れずなかなか捕まえられないのです。

またイリュージョンにはタネがあるので彼らが活躍すればそのネタを明かす人がいるとみて、FBIとインターポールはその人物と一緒に彼らを追って行くというお話です。

詳細は劇場かDVDで確認頂ければと思います。

このチームとてもクールですね。

nysmmain2

実際にこの映画に近しいイリュージョンをしているデビッド・カッパーフィールド(David Copperfield)を思い出します。笑 劇中のセリフにもデビッド・カッパーフィールドが出てきます。笑

映画、イリュージョンとはいえ、こんなショーがあれば是非、観に行きたいものです。タネがあるとしても観客を魅了すること間違いないですね。
 
記事検索
おすすめ情報
プロフィール

piscessixman

ピスケスシックスマンです。

映画、英語、写真、旅行そして風水が好き。英語力を向上させて世界中の方とコミュニケーションを取りたい。そんなPiscessixmanが映画、海外ドラマそれから映画に出てくるアイテム等の情報をブログにまとめています。

国 籍 :JAPAN(日本)
趣 味 :映画鑑賞、写真、旅行、風水

Twitter :piscessixman @piscessixman

since2013

ブログランキング
Twitter プロフィール
映画、英語、写真、旅行そして風水が好き。英語力を向上させて世界中の方とコミュニケーションを取りたい。そんなPiscessixmanが映画、海外ドラマそれから映画に出てくるアイテム等の情報をブログにまとめてます。 since2013
Piscessixman@Twitter
おすすめ情報
おすすめ番組
おすすめDVD
おすすめDVD
Amazonライブリンク
楽天市場